住み慣れた地域で自分らしい暮らしをし、病気になっても自宅で安心して療養生活を送ることができるように様々なサポート体制が整備されています。入退院時の不安や病院にかかる時、質の高い医療を受ける方法等を紹介します。

入院や退院後に関する困りごと

東京都医療社会事業協会

保健医療分野のソーシャルワーカーの仕事

入院中や退院後の生活のことで困りごとやご不安なことを解決します。

安全に医療を受けるために

一般社団法人医療の質・安全学会

効果的な医療を安全に受けるためにはどうすればよいでしょう。

患者である皆さんが医療チームのメンバーとして医療に参加することはとても重要なことです。

あなたもチームの一員です

患者さんから積極的に検査結果を聞いていただくことを勧めるものです。医療機関ではさまざまな検査が行われますが、検査はその結 果が医療者と患者さんとの間で確実に共有されてはじめて患者さんの治療に役立つからです。

患者さんの取り違えを防ぐためには、「医療者が患者さんにフルネー ムをたずね、患者さんにご自分でフルネームを言っていただき患者確認をする」ことが効果的です。皆さんも医療を受けるときには、ぜひ、医療者と一緒にフルネーム確認をお願いします。

入院中は覚えておかなくてはならないことが少なくありませんし、慣れない生活に不安を感じることもあると思います。入院中に気づいたことや感じたことを記録しておくことは、気持ちの整理をしたり状況を理解することに役立ち、医療者とのコミュニケーションを促進することにもつながります。

「南信州医療安全ネットワーク」の患者・家族向けパンフレットです。この会では、地域の複数の医療機関の医療安全管理者が協力して、医療安全のための活動しています。

自宅での療養時、頼りになるのが訪問看護です。

「こんにちは~!」とドアを開けるとあなた のためだけの大切なケアの時間が始まります。訪問看護について具体的にわかりやすくご紹介します。

オンリーワンの看護